香港(ホンコン) page1 - Yukky's ワールドウォッチング
FC2ブログ

Yukky's ワールドウォッチング

掲載写真26400枚超。総合旅行業務取扱管理者資格及びJTB旅行地理検定上級資格保有者が紹介するアジア・ヨーロッパ・北アメリカ・オセアニア!海外らしい景観も多い北海道と沖縄も併載!
Top Page › Category - 香港(ホンコン)

花園街で昼食~香港72

地下鉄旺角(モンコック)駅を東に降りて(B2番出口を出て)東に2区画歩くと,古めかしい3階建てのビルに行き着く(「花園街街市」)。1階は市場になっていて地元住民が買い物に来るところのようだ。奥にエレベーターがあり,3階に昇ると(2階は使われていないようだ)そこは,フードコートだ。フードコートというと聞こえはいいが,このビル自体が相当古いビルで,3階フロアーとて,とても食べものを食べるような雰囲気の...

チェックインは駅で済ませる~香港71

香港国際空港(チェプラップコック空港)と香港島とを結ぶエアポート・エクスプレス(AEL)はとても便利だ。というのも,一部のLCCを除く大手航空会社を利用する場合には,駅でチェックインし,手ぶらでエアポート・エクスプレスに乗って空港に向かうことができるからだ。香港に行った帰りにMTR九龍駅でチェックインし,エアポート・エクスプレスを利用した。利用者が多くはない時間帯だったため,スムーズにチェックインでき,乗車...
No title * by ZUZU1021
ここの駅から深浅に行ったものです。香港より物価もお安いしマツサーじも良かった。

好きな深浅でしたが今は随分変わってしまってるんでしょうね?

No title * by yukky
香港は物価が高いです。とくにホテルの値段は日本以上。チムサーチョイや中環辺りのホテルに気兼ねなく泊まってみたいものです。

点心の本場~香港70

灣仔(ワンチャイ)の壮士敦道(ジョンストンロード)に面して,「龍門大酒樓」という酒店があり,点心もやっていると某大手旅行会社のガイドブック(「〇〇ぶ」シリーズ)に書いてあったので,昼過ぎに行ってみた。客はけっこう入っていて,通された奥の丸テーブルの隣では商談らしい話をしている男連中もいた。日本人と見るや,持ってきたメニューは日本語であった。「指差しメニュー」と書かれたそのメニューは料理の写真入り,...

骨董街散策~香港69

ソーホー(SOHO)から少し下ったハリウッドロードは斜面に並行して走る曲がりくねった道路だ。交差するヒルサイド・エスカレーターのあたりから西側が骨董通りとよばれ,骨董品を扱う店が立ち並ぶ。露店ではなく,きちんとした店なのでなかなか入りにくいが,西洋人には東洋の骨董品は珍しくまた興味があるようで,店によっては客が入っている。思わぬお宝に巡り合うとも限らないが,素人ではその価値はわからない。安い骨董品...

雨の女人街めぐり~香港68

女人街には,ホテルが近かったこともあり滞在中に3回も行った。毎日降り続く雨で,かえって遠出は無理なので,ホテルからもわりあい近い女人街は時間つぶしにはもってこいだった。店員とのやりとりも面白い。値段はあってないようなもので,言い値の半額くらいまでは持っていくことができそうだ。大幅なディスカウントが無理そうなら,2個ならいくら?,それでも安くならないなら5個ならいくら?などとまとめ買いにすればかなり...

香港はセブン・イレブンとサークルKであふれている~香港67

香港でコンビニといえば「セブン・イレブン」と「サークルK」が双璧である。それ以外には地元資本の「OK」がある。コンビニは漢字では「便利商店」と書く。まさにその通りだが,日本のコンビニとは雰囲気は多少違う。新聞の置き方は,日本では見出しがわかるように,丸めて,上に引っ張り出す形を取っているが,香港の新聞はこのようなことはできない。何せ,正月に配達される新聞のように,折りがいくつもあって,総ページ数は...

亀ゼリーを食す~香港66

香港で漢方を気軽に口にできる食べ物といえば,亀ゼリー(亀苓膏〔クワイレンゴウ〕)だ。亀ゼリーは亀の甲羅(腹側)を干して,それ以外の漢方を数種入れたもので,効能は毒素を排出するので,肌をきれいにし,暑気あたりにいいなど,香港ではかなり意識して口にするらしい。専門店もあるほどだから,香港だけでなく広東地方ではかなり広まっている。かなり苦いので,店で頼むと冷たいものにはシロップが,暖かいものには砂糖がつ...

九廣鉄道の旅(リターン編)~香港65

広州から香港への移動は,来た経路のまったく逆で,広州東駅から直通列車に乗る。これもまた,本来のシェンチェン(深圳)と羅湖の間のパスポートコントロールは通らず,乗車前と降車後に,駅でチェックを行うというしくみだ。広州東駅は3階建てになっていて,1階がコンコース,2階が香港方面へのキップ売り場,そして3階が香港方面への待合室である。3階にたどり着くと,列車番号と発車時刻が書かれた看板の立っている...

九廣鉄道の旅(後編)~香港64

同じ車両には全座席の3割ほどの乗客が乗っていたが,中国人か日本人のビジネスマンくらいしか乗っていない。欧米人の観光客も待合室にたくさんいたが,別の車輌のようだ。紅磡(ホンハム)駅を出てしばらくはのろのろ運転で香港の市街地を抜けていく。出発後40分ほどは香港内の郊外を走っていく。郊外には高い山も多く,家は点在している。約40分後にようやく北の端の羅湖を通過。羅湖には停車せず,並行する線を中国本土に...

九廣鉄道の旅(中編)~香港63

乗車待合室にいるとやがて改札が始まった。同じ国どうしなのに,まるで国際列車のようだ。中国への入境手続きは駅構内ですでに終えているので,香港にいながらにして,待合室内ではすでに中国本土だ。免税店もある。九廣鉄道の広州東駅行き直通列車は定刻8:18に紅磡〔ホンハム〕駅を出発した。広州にはメインの広州駅とその一駅東に,広州駅のサポート的な広州東駅があり,香港からの列車はすべて広州東駅止まりである。しか...