FC2ブログ

「麦当労」って?~上海1

上海
03 /31 2006

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

漢字が使われている国は言葉が通じなくても,意味はわかることが多いので,ある種の安心感がある。上海は,成田から2時間半~3時間で行ける中国最大級の都市である。社会主義国ながら,外国資本がどんどん流入しているので,街の中心部(南京東路など)は日本の大都市のストリートとあまり変わらない。違うとすれば,店名が漢字であることだろうか(一部アルファベット交じりはあるが)。
中国でもファーストフードは人気がある。中国に限らず,中華圏の朝食は外食が当たり前である。そんなことも手伝って,どのファーストフード店に入っても,時間帯を問わず賑わっている。ただし,店名は漢字なので,マクドナルドは「麦当労」(写真1番目は値段の看板,写真2番目はカップ),モスバーガーは「莫師漢堡」(写真3番目),ケンタッキーは「肯徳基」(写真4番目)などと看板には書かれている。当て字であるが,文字の並びだけでは理解できないものもあるが,ロゴマークと看板の背景色のイメージで,たいていはわかる。それは日本のこういう店の看板を見慣れていることも大きい。よって,比較的若い人や中年くらいまでの日本人が中国に行った際には問題ないが,お年寄りが中国に行ってこれらの看板を見ても,入るまで何の店かわからないことが多いのではないかと思う。ちなみにハンバーガーの値段は日本円で5元くらい(2005年1月)なので,日本より少し安めだが,上海のサラリーマンの平均月収が1500元くらいなので,非常に高い食べ物である。
上海にもスターバックスコーヒーが進出しているが,こちらも漢字に置き換えられているのかと思いきや,豫園店は「STARBUCKS COFFEE」であった(豫園店に限っているかは定かではない)。また,世界共通語のカラオケは「峠(やま偏無しに上と下がくっついた字)拉OK」と書かれ,漢字・アルファベット交じりの言葉になっている。入店はしていないが,日本の曲のレパートリーも少なくはなく,日本人でも楽しむことができるのではないかとみた。ちなみにヴェトナムでは漢字を使わないので,「KARAOKE」とアルファベット表示であった。【2006/3/31(金) 午後 11:31】

アテネからサントリーニ島へ2~エーゲ海6

ギリシャ
03 /26 2006

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

フィラタウンは南北に長く,滞在に必要なスーパーマーケットなどは一通り揃っている。西部の崖に近い方は,道が狭く,車は通行禁止になっているので,むしろ歩きやすい。雨はめったに降らないが,雨が降ると石段がすべりやすくなるので,特に崖に建つ洞窟ホテル内の階段の歩行には気をつけたい(写真1番目)。ギリシャには,ギロというファーストフードがある。焼いた肉や野菜をクレープ状のピタにはさみ,ヨーグルトソースをかけたもので,1個でお腹いっぱいになるほどボリューム満点で,量の割に安い(1.5~2ユーロ)。日本でチェーン展開したら,美味しさと量で,○ック(○クド)などは負けてしまうかもしれない。東京の高田馬場にギロの店があるらしいが,繁盛しているのだろうか?フィラタウンではタクシー乗り場に近い『Toast Club』のギロが味・量ともお勧め(写真2番目・写真3番目)!目の前で肉を焼いて熱々のを作ってくれる。本来ならギロはおやつなのだろうが,食事としても立派にこなせる食べ物のひとつである。この店の向かいにはコンビニがあり,食べ物はだいたい揃う(写真4番目)。ただし,日本のようなコンビニではなく,村のよろずやのような店で,お勧めは,ヨーグルト。日本のように柔らかくはなく,弾力性があり,味は濃厚で病み付きになるおいしさ。やはりヨーロッパは乳製品がうまい!隣はシティバンクのCD(キャッシュディスペンサー)なので,口座をもっている人はなにかと便利。海外行くならシティバンクに口座を作っておいた方が無難。アメリカ・ヨーロッパ・アジアならたいがいの国で現地通貨として下ろせる。韓国・ソウルにも繁華街・明洞(ミョンドン)にシティバンクがあり,ウォンで下ろせ重宝したことがある。【2006/3/26(日) 午後 6:09】

アテネからサントリーニ島へ1~エーゲ海5

ギリシャ
03 /26 2006

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

サントリーニ(ティラ)島へは,アテネからオリンピック航空とエージアン・エアウェイズが合わせて6~7便飛んでいる(5月)。冬季は観光客が少ないので減便される。所要時間は30分ほど。オリンピック航空は日本へ乗り入れは現在ないが,オフィスが東京にあるので,航空券を日本で買うことができる。エーゲ海路線は割高で,アテネ・ティラ間で片道だいたい1万円くらいする。また,リコンファームが必要なので,アテネに着いたら,空港の航空会社のカウンターで済ませておく方がよい。航空券を見せ,「リコンファーム,プリーズ」で大丈夫。サントリーニ島への飛行機はプロペラ機で,50~60人の定員。無料で運んでくれる荷物の重量は15kgなので,ご注意を。アテネの空港を飛び立つとあっという間にサントリーニ島の空港に着いてしまう。小さな平屋の空港で,滑走路から空港ターミナルへは歩いていく(100mほど)。空港から島の中心・フィラタウンまではバスがあまりないので,タクシーが便利。ただし,メーターはなく交渉性なので,7~8ユーロ以内なら乗っても損にはならないが,10ユーロを越すようなら断わって別のタクシーと交渉した方がよい。時間は10分ほどで,あらかじめ目印になる建物を伝えておけばそこまで運んでくれる。フィラの町は西側が海から300mの崖になっており(写真1番目),そのすぐ近くまではタクシーは乗り入れられないので,ホテル名を言ってもその手前で降ろされることもあるので注意したい。小さな町なので,町の中心部のタクシー乗り場を告げて,後はホテルまで歩くのが一番わかりやすい。自動車は写真2番目のこの坂までしか入れない。これから先(後方)は写真3番目のように歩行者及び二輪車のみの道路となる。【2006/3/26(日) 午後 5:28】

神々の島・デロス島~エーゲ海4

ギリシャ
03 /26 2006

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

島全体が世界遺産のデロス島へはミコノス島から船で40分くらいで行ける。ミコノスタウンの港から出ている船のチケットは,港にある船のオフィスで買えるが,乗る直前に船着場でも買える。船はそんなに大きくはないが,オープンデッキがあり,ちょっとしたエーゲ海クルーズが楽しめる。島に着くと(写真1番目),下船して入場料を支払う。この船着場だけが島の出入り可能なところだ。デロス島には宿泊施設がない(禁じられている)ので,必ずその日のうちに帰ってこなければならない。島は多少起伏はあるが,平坦なところも多く,3時間もあれば博物館も含め一周することができる。神殿の柱などがたくさん横たわり(写真2番目),島全体が遺跡であるのがよくわかる(写真3番目)。ギリシャ神話に出てくる神々たちはこのデロス島と深い関わりがあるので,前もって書物に目を通しておいた方が,見学のときには楽しいと思う。島には住民はいないが,ネコが数匹いる。人懐っこいネコで,日本から持っていった「柿の種」をやると喜んで食べていた。「柿の種」は,おそらくこの島のネコが口にする初めての味であろうと推測する。ネコと別れ,北に進むと,ライオン像が並んで迎えてくれる。記念撮影にはいいスポットであるが,これらはすべてレプリカで,本物は,島の中央にある「デロス博物館」にある。南に向かうと起伏が出てきて小高い丘からは,ミコノス島からの船が着く場所が一望できるとともに,島のだいたいが見渡せる。クレオパトラの家と呼ばれる遺跡もあるが,にわかには信じがたい。こんな小さな島(面積3.5平方キロメートル)になぜ?という疑問がおきてしまう。これはネーミングの問題で,大富豪の邸宅に「クレオパトラ」という名をつけただけらしい。5月の上旬だというのに気温が上がり,帰りの船では,ヨーロッパの各地から来たらしい男たちが上半身裸になって,短い船旅を楽しんでいた(写真4番目)。ミコノスタウンが近づくと,白壁の建物群とカト・ミリの風車群が一望でき,エーゲ海の真っ青な海の色とマッチし,美しさをより醸し出しているように思える。朝から約5時間のミニ・トリップをぜひお勧めしたい。ただし,島にある小さな売店は異常に高いので,水などはミコノス島で買っていく方が無難。レストランやカフェなどはないので,食事はミコノス島に戻ってくるまで我慢しなければならない。【2006/3/26(日) 午後 4:49】

サントリーニ島を歩く2~エーゲ海3

ギリシャ
03 /26 2006

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ロバに乗ったり,フィラの街を歩き回ったりしているとあっという間に正午になった。ギリシャ料理が食べてみたくなり『ニコラス』という店に入ってみた(写真1番目)。この店は観光客だけでなく地元民も多い,庶民的な雰囲気のタベルナで,値段は全体的に安め。店主と従業員が忙しそうに注文をとったり,オーダーを運んだりしていて活気のある店で,通りに面した1階なので入りやすい。ムサカ(ナスとジャガイモなど野菜とひき肉を重ね焼きしたラザニアのようなもの)(写真2番目)などを食べたが,どれも日本人の口には合う。メニューには英語表示があるので,指差しでも注文は大丈夫である。ところで,女性へのお土産には,ぜひ『フォリフォリ』がお勧め(写真3番目)。日本ではまだまだといった感のあるブランドだが,知っている人は知っているギリシャのブランドで,チャームなどは日本の3分の1~2分の1で買えるので,お土産には最適。ギリシャ国内には当然店舗も多く,サントリーニのような小さな島でも買える。【2006/3/26(日) 午前 10:41】

yukky7

『 Yukky's ワールドウォッチング 』へようこそ!
バックパッカー的な視点も多々ありますが,いかなる都市でも,3.5星以上の宿に泊っています(笑)。