FC2ブログ

ソウル一の眺め1~ソウル76

ソウル
06 /29 2007
大きな都市に行くと,高いところから景色を眺めてみたいといつも思う。かといって高いところは苦手である。矛盾するが,高いビルの展望台はフロアーの面積も広く,エレベーターも高速で何となく安心であるため,恐怖心は遠のく。さて,「大韓生命ビル(63ビル)」は漢江の中洲・ヨイドの南端にある。「63」といっても63階建てではなく,地下3階+地上60階から,ビル名が63となっている。東京・池袋のサンシャインビルが60階建てなので,ほとんど同じ高さといってよい。このビルが韓国では最高の高さのビルである。韓国は大きな地震がないところであるが,上海やクアラルンプールなどのような300mを超えるビルは造らない。が,これからドバイに建てられる150階建ての高層ビル(800m)は韓国企業が受注している。【2007/6/29(金)午後10:55】

↓漢江南岸からの「大韓生命ビル」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/34432413/img_0


このビルには水族館も入っているが,いちばん見るに値するのは60階の展望台からの眺めである。1階のチケット売り場で7000ウォンの券を買ってエレベーターに乗り込む。

↓展望台チケット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/34432413/img_1


外が見えるエレベーターなので,視野が広がっていくのが手に取るようにわかるのがうれしい。台北101のエレベーターは外が全く見えないので,展望台について初めて外の眺望を拝めるのとは一線を画する。東京・池袋にあるサンシャイン60の展望台と同じ高さであるが,見える景色はまったく異なる。都会なので建物が密集しているのは同じだが,ソウルの方は近くに山が迫ったり,すぐ下に大河・漢江が視界に入ったり変化に富んでいる。特筆すべきは高層住宅がたいへん多いことである。日本でもマンションが多いが,ソウルは似たような建物がまとまって巨大団地を構成している。

↓手前が漢江,右奥が南山
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/13/34432413/img_2


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

韓国鉄道旅行はまずKRパス購入から~韓国14

韓国(大韓民国)
06 /25 2007
「KRパス」というのは,韓国鉄道庁が発行する外国人用フリーキップである。特室(日本のグリーン車)を利用しない限り,決められた期間内なら韓国国鉄が乗り放題となる。しかし,このパスは韓国内では購入できない。日本人が使用する場合は日本で購入し,バウチャーを発行してもらって韓国内でKRパスに交換する。日本ではJR九州が委託販売しているので,JR九州の旅行代理店「ジョイロード」で買えるが,東京地区に住んでいる場合はJR東海がJR九州の孫受けをしているので,東京駅などのJR東海の支店で購入できる(その際パスポートが必要)。地方の人は韓国鉄道庁のHP(日本語あり)でも買うことができる(クレジットカード利用)。「セーバー」といって2~5人で同時に動く場合は「セーバーパス」といって10%くらい割引になるパスがある。また3日,5日など期間も選べる。【2007/6/25(月)午後9:19】

↓ソウル駅でつくってもらった「KRパス」(二人用セーバー)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/64/34289764/img_1


発行又は印刷したバウチャーを韓国内の駅に持っていき「KRパス」に交換してもらうが,小さな駅では駅員が「KRパス」の存在すら知らない場合もあるので,都市部の中央駅に行くのがベストである。ソウル駅の場合は2F奥に「i」と表示されたインフォメーションがあるので,そこで交換してくれる。日本語も通じるので,パスポートを示し,いつから使用開始をするかを伝えれば「KRパス」をその場でつくってくれる(上記写真)。このとき同時に指定券などを手配してもらえばよい。普通の窓口に並ぶと日本語が通用しないので,ここで指定券を発券してもらえば楽である。韓国の列車の旅も面白いのでぜひオススメしたい。韓国新幹線がソウルからプサン,モッポなどに延びているので,単純に往復するだけでも元を取ることができる。ちなみに3日間の2人用セーバーパスは6700円(2006年当時)である。実はこのチケットには各種割引があるので,必要であれば使った方がよい・・・契約ホテル利用時に客室料金を30%以上割引,食堂車及びソウル駅・東大邱駅・釜山駅グリル利用時20%割引,セマウル号特室料金及び無窮花号寝台料金各50%割引,ソウルシティーツアー利用料20%オフ,韓国民族村入場料約20%オフ,漢江遊覧船利用料20%オフ,ソウル(南山)タワー展望台利用料約15%オフ,ロッテワールドフリー券20%オフなどである。

↓ソウル駅2F奥「i」と表示されたインフォメーション
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/64/34289764/img_0


↓「KRパス」と一緒に発券してもらった,プサン→ソウルの韓国新幹線普通車指定席券
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/64/34289764/img_2


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

ミコノスタウン総集編6~ギリシャ・エーゲ海63

ギリシャ
06 /23 2007
ミコノスタウンを南側から北側に移動していくと,迷路状の街を通り抜けていかなければならない。何回通ってもわからない通りもあるが,最短ルートだけ覚えておくと何とかなる。そうは言っても,夕方食事をしているうちに暗くなってしまった場合などに,ふと迷いがちになることはあるので,大きなタウンマップを持参した方がいいかもしれない。街中にはいろいろと興味深いものがあちらこちらにある。街で見かけた案内板は手作りで,かえってオシャレな感じがして,エーゲ海にはピッタリである。日本ならきっと活字にしてしまうのだろう。しかし,この広告塔も方向のみが表示してあるので,その先は責任を持たないようだ。しばらく歩くとイスを並べてある店があった。家具屋ではなく小さなインテリアショップで手広くやっている店ではなかった。観光客が品定めをしていたが,どうやって持って帰るのだろう。【2007/6/23(土) 午後 4:41】

↓街の案内板
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/56/34214456/img_0
 

↓イスを並べた店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/56/34214456/img_1


レストランのショーウィンドウを眺めてみた。活きのいい魚が自慢の店のようだ。たくさん並んでいる魚は名前こそわからないが日本でいうタイのようである。エビはすでに串刺しにされており,バーベキューにされて出てくるのが予想される。レモンにトマトにワインといえば,やはりイタリアの影響を受けた料理が想像される。ギリシャ風にアレンジされてもけっこう美味しいものになり,日本人の舌にはイタリア料理同様,好ましい。最後に昼下がりのバーである。バーはどちらかというと夜であるが,エーゲ海では昼間でも開いている。さすがにシエスタ時間では?と思うが,観光客にシエスタは関係ないので,店を開けざるを得ないのだろう。気軽に飲めるカフェなどはないので,歩きつかれて水分補給となればこのような店に入って喉を潤すことになる。

↓レストランのショーウィンドウ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/56/34214456/img_2


↓昼下がりのバー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/324671/56/34214456/img_3


イノダコーヒーin Sapporo~道央11

道央
06 /19 2007
京都にイノダコーヒーという老舗の喫茶店がある。京都では知らない人がいないほどの有名店で,河原町に近い裏通りに独立店舗を持って営業している。平屋でオープンカフェもあり,コーヒーの味もすこぶるよいのでファンも多い。京都以西の例えば,広島などにも出店しているが,京都以東には札幌にしかない。東京には何でもあると思っている人は大間違いで,東京のような大都市にないものも少なくないのが現状だ。札幌店は札幌駅隣接のビルに入っていて,京都と同じ味が楽しめる。ただし,ビルの上なので景色こそ少しはいいもののオープンカフェはなく,寛いだ気分にはなれないのが残念だ。6月の北海道は梅雨がないので,カラッとしていて過ごしやすい。雨もほとんど降らないといわれていたが,最近は降ることもあるらしい。札幌の中心にある大通公園では,弁当を持ってきて,広げて食べる人もいて外国の公園のようだ。まわりは道路に囲まれていてけっしていい環境ではないが,カラッとした陽気に誘われてついつい来てしまうのかもしれない。【2007/6/19(火) 午後 9:23】

↓イノダコーヒー札幌店のコーヒー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/61/34081661/img_0


↓6月中旬の大通り公園
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/713253/61/34081661/img_1


https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif


梅雨時といえば紫陽花

Diary
06 /17 2007
梅雨に入ったというのに,毎年のように気象庁ははずしてくれる。晴れの日が土・日と続き,日中は汗ばむ陽気。これって梅雨?【2007/6/17(日) 午後 10:09】
梅雨になると元気になるというか,色が映えてくる花といえば紫陽花である。色は大きく分けて2つ。青系とピンク系。白もあるが,青かピンクならどこにでも咲いているという印象だ。近くを歩いていたら,並木の下に紫陽花の群落があったので思わずパチリ!写真は晴れの日に撮るのがいちばんいいように思えるが,こと花に関しては光が弱い曇りの日が最高である。空と一緒に写すなら別だが,光が均一になってムラがないので薔薇も曇りの日がよい。紫陽花ももちろんそうだが,紫陽花ほど曇りや雨の日に似合った花はない。菖蒲も紫陽花と色が似ているので雨にピッタリだ。紫色(バイオレット)や薄い青色(シアン)などは雨と合う色なのだとつくづく思う。紫陽花でも個人的にはガクアジサイが好きだ。この辺ではみかけないので残念だが...

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/02/34009702/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/847789/02/34009702/img_1


yukky7

『 Yukky's ワールドウォッチング 』へようこそ!
バックパッカー的な視点も多々ありますが,いかなる都市でも,3.5星以上の宿に泊っています(笑)。