FC2ブログ

古めかしい商店が並ぶストリート歩き~広州23

広州
05 /19 2013
中国では大都市であっても,東京のような下町はむしろ多い。このような街では,何十年,いや100年以上も商業を営む店も少なくないので,散策するとたいへん面白い。専門店が多い黄沙駅に近い通りを歩いてみた。まわりは並木がうっそうと茂り,汚れた打ちっぱなしの建物が多い地域だ。表通りと裏通りの落差はあれど,表通りの店でも,けっこうボロボロの家屋が少なくない。歩道もでこぼこで,歩いている人は少ない。【2013/5/19(日) 午前 9:36】

↓黄沙駅に近い並木通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/05/55573605/img_0


小さな店構えの建物が多く,修理屋,印刷屋,万屋,床屋などが並び,客はそれなりにあるようだ。日本のシャッター通りのような幽霊ストリートとは異なる。少し離れた場所に大型のショッピングセンターやスーパーマーケットがあるにもかかわらず,このような店の需要は高いようだ。ふと目を留めると,理科の実験室にあるような人体模型や,病院で使う聴診器や注射針など医療関係のグッズを売る店が数件並んでいた。ショーウィンドウに骸骨や人体の血管モデルなどが並んでいるので,夜ここを通るとちょっと不気味だろう。ショーウィンドウという書き方をすると,立派なものにも聞こえるが,日本の昭和30~40年台の街といった雰囲気である。ただ違うのは,建物がコンクリートで造られているということ。日本なら当時,木造が当たり前だったはず。

↓修理屋…中は歩道から丸見え
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/05/55573605/img_1


↓印刷屋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/05/55573605/img_2


↓食料・雑貨店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/05/55573605/img_3


↓理髪店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/05/55573605/img_4


↓医療機器店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/05/55573605/img_5


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)

「味は二の次」の中華ファーストフードチェーン~広州22

広州
02 /26 2011
中国にはブルース・リーのキャラクターで駅や繁華街に立地している『真功夫』という中華ファーストフード店がある。「功夫」は香港映画などに出てくる「カンフー」のことである。マクドやミスドなどと同じようなカウンターがあり,そこでご飯(白米)とおかずを注文する。セットメニューが多いので,中身がわからなくても,カウンターにある写真と番号で選べるので注文自体は簡単だ。トレーに盛られたセットが手渡されると,店内にあるプラスチックのテーブルとイスに運んで食べるというシステムだ。単品で頼むこともできるがセットメニューで25元前後だ。中国の物価を考えるとけっして安くはない。何しろCD一枚10元の物価で,食事が1回,それもファーストフードが25元では,明らかに高い。味も二の次だ。とくに米がすこぶるまずい。日本で売られている最下級の標準価格米をはるかに下回るまずさだ。日本の外食産業ですら,多少質の落ちた米を使っているが,それでもはるかに美味しい。それに引き換え,香港でもそうだったが,中国では米のまずさは格別だ。どんぶり一杯分もあるご飯は極力遠慮したいどころか,全部でも残したいくらいだ。おかずも淡白な味で,鶏肉は固め,ジューシーさなどはまったくなかった。高い値段と日本人の舌には合わない味だが,若者で賑わっていた。中国人の舌には合うのだろう。このチェーンは駅や繁華街などに多数進出し,若者の間では有名な店らしい。【2011/2/26(土) 午後 1:17】

↓ご飯どんぶりに描かれたトレードマーク
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/53476769/img_0


↓シェンチェン市内の『真功夫』の看板
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/53476769/img_1


↓定食セット(25元)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/53476769/img_2


↓ドリンク容器
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/53476769/img_3


食べた後は中国のお決まりで,その場に食べた後の容器を置いて出て行ってしまう。片付ける習慣がないのである。容器を片付けるおばさんが店内でせっせと働いていた。日本のファーストフードでもたまたま片付けるのを忘れた容器を店員が片付けることはあるが,専門の人がいるのは逆にせかされているようで何とも食べにくいものだ。中国に行ったら,ぜひ入ってみよう!ということは口が裂けても言えない,圧倒的な○○さを誇る店であった。日本では,開店当日につぶれてしまうのではないだろうか。

 アジア以外はβバージョンをご覧ください!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/5c/a2/yukky787/banner/banner.gif?1273917401

「Yukky’sワールドウォッチングβ」へ(文字をクリック)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)


  

沙面は彫刻でいっぱい~広州21

広州
01 /26 2010
沙面地区は緑が多く,あちこちに彫刻が置かれている。彫刻巡りだけでも時間が潰せ,面白そうだ。これらの彫刻像は,着用している服装等を見るとわりと新しいもので,公園として整備するにあたって各所に設けたものと思われる。見ていて楽しい彫刻が多いようだ。洋館をバックに彫刻を入れて写真を撮れば,とても中国で撮った写真とは思えないほどだ。オスロのフログネル公園のヴィーゲランの彫刻のように,何かを考えさせるような彫刻ではなく,単刀直入に微笑ましい雰囲気を醸し出す彫刻の数々である。【2010/1/26(火) 午後 8:14】

↓日本にはけっしてないようなほのぼのした彫刻群
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_3


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_5


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_6


レンガ造りの建物が並び,広州では最もハイセンスな地区なので,撮影にも多々使われているようで,訪れたときはCM撮影に使われていた。男女のモデルがテニスファッションで現れたかと思うと,車の陰で着替えて,別の服装でまた撮影が続く。見ていて非常に慌ただしい撮影だ。湿度90%以上ゆえ,汗がしたたり落ちる中で,着替え,ポーズを取り撮影するというのは撮る方も撮られる方も,早く終わらせてしまいたいという考えが先に立っているように思えた。

↓雑誌などのグラビア撮影中?
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_9


洋館には「招待所」という看板の付いたところもある。「招待所」とは,政府機関や軍,企業などの組織が作った宿泊施設あるいは安価な旅行者のための宿であるが,この施設はどちらだろうか。どうも前者らしい。

↓沙面の中心にある「招待所」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_10


↓沙面の端にあったタバコ屋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/64/51650264/img_11


珠玐路を歩く~広州20

広州
01 /09 2010
長寿路から上下九路を東方向に歩き,途中で右に折れ南下する(珠玐路)。ここからがまさに中国真っ只中の光景が見られる一帯である。車道は2車線,歩道のコンクリートは穴ぼこだらけで,穴にはいつも水が溜まっている状態だ。沿道には商店がポツポツあるものの,住宅も混在している。建物の多くはコンクリートながら打ちっぱなしで,数十年の汚れが付き,黒ずんでいる,というよりかなり黒っぽい。屋外では,働いている人もいれば,道路にうずくまっている人もいる。わき道に入るともっとディープな世界になり,多種多様な生活が見られるのだろう。湿度90%以上の中,上半身裸の男性が多い。皆堂々と表通りで働いている。荷物の運搬の中心は自転車についた荷車だ。軽トラがまだ普及していないので,まだ人力に頼らざるを得ないのが中国の一般的な生活だ。自動車に混じって,荷車を引いて走る自転車があちこちで見られる。もちろん車道を走るので,自動車にとっては邪魔だろう。中国の大都会の中心でもこのような光景が繰り広げられるのを見るにつけ,日本でも東京の下町はこんなものだと思う。先進国(とマスコミと政府が大本営発表のように言っている)日本といえども生活水準の低い街はまだ多い。日本は先進国で,中国はまだまだといわれているが,結局末端では似たようなものだ。日本が先進国というには,何十年も早い。北欧などに追いついてから言うべきタームである。【2010/1/9(土) 午後 8:28】

↓窓が小さく年季の入った建物・・・この辺では普通
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/99/51564999/img_0


↓いわゆるリアカーだが,相当重そうだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/99/51564999/img_1


↓電気屋と路上新聞販売店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/99/51564999/img_2


↓クリーニング屋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/99/51564999/img_10


↓細い路地は人であふれている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/99/51564999/img_5


↓大地震が来たら危ない家が多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/99/51564999/img_6


↓漢方を扱う店の前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/99/51564999/img_7


↓荷物運びの主役
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/99/51564999/img_9


↓湿度90%以上の屋外で働くのはたいへんだ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/99/51564999/img_8


大型ショッピングセンター~広州19

広州
10 /17 2009
広州市内には百貨店もあるが,ショッピングセンターという形をとる大規模店が多い。地下鉄1号線長寿路駅の上に建つショッピングセンターもかなり大きく,近代的だが,核となる店がとくになく,比較的小規模な店がたくさん入居している。地下2階の広場では靴の特売が行われていたが,物価に比べて特別安いというわけではなかった。むしろ商店街の店舗のセールの方が安いと思う。このショッピングセンターは人はまばらで,店員もあまりやる気がないようだ。接客販売もせず,ボーッとしている店員も多い。空調は効いているので,外の蒸し暑さは伝わっては来ず,快適な館内ではあるが,人がまばらな館内はむしろ寒々しい。意外と,近くの商店街の方が賑やかで,閑古鳥が鳴いているのは,値段の差ではないだろうか。商店街はセールをやっており,廉価品が目白押しなのに,ショッピングセンターの方は赤札もなく,たいした割引もしていないようだ。規模が大きく,店も多い割には役立たずのショッピングセンターである。センター内の売り場は,日本のようなごちゃごちゃ感はなく,その反対でずいぶんと殺風景である。やたらと空いた空間があり,人も少ないのでそう感じるのかもしれない。【2009/10/17(土) 午後 0:35】

↓広州地鉄「長寿路」駅入口
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_0


↓長寿路駅の上にある大型ショッピングセンター
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_1


↓吹き抜けになった館内
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_2


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_3


↓地下2階で行われていた催し場のセール
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_4


↓2階フロアー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_5


↓地下1階はガラガラ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_6


↓安売り店(ホンモノなのか?)
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_7


↓アストロボーイも怪しい
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_8


海外資本もこのようなショッピングセンターに出店している。けっして安くはないが,よほどメジャーで,それほど高くないブランドに人気が集まっているようだ。従来の市場や市場の延長の商店街の方が人が集まっており,まだまだ上流階級でないと,ショッピングセンターや百貨店では買えないのだろう。

↓従来型の市場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_9


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_11


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/375902/69/51129069/img_12


yukky7

『 Yukky's ワールドウォッチング 』へようこそ!
バックパッカー的な視点も多々ありますが,いかなる都市でも,3.5星以上の宿に泊っています(笑)。