2023年08月 - Yukky's ワールドウォッチング
FC2ブログ

2023年08月

        

台中国家歌劇院を見学~台中20

category - 台中
2023/ 08/ 28
                 
シティツアーの次の行先は,「台中国家歌劇院(臺中國家歌劇院)」(西屯区)だ。主にオペラやミュージカルが上演される国家級の大型コンサートホールで,日本の建築家伊東豊雄が設計したことで,日本でも知られている建物だ。「サウンドケープ(音の洞窟)」というコンセプトで作られているので,入館するなり洞窟に入ったような気になる。建物全体の壁はたった58枚の曲面パネルから作られていて,このような建物は建築好きにはたまらないらしい。6階の屋上に空中花園があるらしいが,時間の関係で見ることはできなかった。レストラン,カフェ,ミュージアムショップなど施設は整っていて,コンサートホールを利用しない場合でもそこそこ楽しめるつくりとなっている。【2023/8/28(月) 午前 5:00】
   
↓シティツアーのバスに戻る
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0171_3.jpg

↓車窓から台中市内
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0174_5.jpg

↓高いビルがまわりを囲む中に国家歌劇院はあった
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0179_4.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0182_6.jpg

↓台中国家歌劇院の外観
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0180_2.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0183_2.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320498.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320484.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320483.jpg

↓案内図
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320489.jpg

↓歌劇院内
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0185_4.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0187_7.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0186_4.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0188_6.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0189_2.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320456.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320459.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0192_4.jpg

↓ショップ
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320469.jpg

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)


            
関連記事
            
                                  
        

「勤美誠品緑園道」をちょっと見学~台中19

category - 台中
2023/ 08/ 27
                 
「勤美誠品緑園道」は市民広場(「臺中市民廣場」)の北側,公益路に面したショッピングセンターだ。近づくと緑の壁に圧倒される。植栽を多彩に施した立体庭園を形作っている。この建物はもともと古い駐車場ビルで,そこを台湾のリノベ術で再生したもの。台湾はリノベ術にかけては世界の超一流だ。古いものを優先的に破壊するトンデモ日本とは月とスッポン以上の差があるといえよう。シティツアーの待ち合わせ場所とは目と鼻の先で,しかもまだ30分以上余裕があったので,建物内を少し見学することにした。「誠品」と名がついているので,日本にも進出している誠品グループが開発に関わっている。主に地下しか見なかったが,古ぼけた駐車場だったとは思いもよらないきれいな館内で,地下は主に飲食店が入っていた。焼肉,寿司と日本食ブームの台湾を象徴する店舗が少なくなく,それにタイ料理などアジア料理が混じるインターナショナル?なフロアーになっていた。【2023/8/27(日) 午前 5:00】
   
↓「勤美誠品緑園道(勤美天地)」
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0169_7.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0159_7.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0160_5.jpg

↓エスカレーターホールの緑の壁
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320429.jpg

↓地階
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320418.jpg

↓地階の飲食店
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320423.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320434.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320443.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320439.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/P1320449.jpg

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)


            
関連記事
            
                                  
        

「アイコンサイアム」へ行ってみた5(最終回)~バンコク111

category - バンコク
2023/ 08/ 26
                 
サートン船着場に向かう無料ボートに乗った。チャオプラヤ川の対岸に斜めに向かうような航路で進み,10分ほどのチャオプラヤ川クルーズが楽しめる。出港すると,左に「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル」,次に「マンダリン・オリエンタル・バンコク」が見えてくる。どちらも一流のホテルだ。そして「シャングリラホテル・バンコク」が左に見えたらまもなくタークシン橋下のサートン船着場に到着する。今はBTSのゴールド・ラインでアイコン・サイアムには行けるが,川を渡るボートはとても便利で,人気は高い。【2023/8/26(土) 午前 5:00】
   
↓ボート行き交うチャオプラヤ川
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0130_7.jpg

↓「マンダリン・オリエンタル・バンコク」の北側にある廃墟
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0131_1.jpg
↓BTSサパーン・タクシン駅方面無料ボートはこちらだ
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0132_8.jpg

↓無料ボート乗り場に並ぶ人たち
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0133_3.jpg

↓ボートに乗ると東岸はこんな風景
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0134_7.jpg

↓右はオフィスビルの「CAT Tower」,左は「ロイヤルオーキッド・シェラトンホテル」
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0138_6.jpg

↓中央は「マンダリン・オリエンタル・バンコク」,右奥は「ルブアアットステートタワー」,左奥は「ジェムスタワー」
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0139_5.jpg

↓「マンダリン・オリエンタル・バンコク」
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0140_7.jpg

↓「シャングリラホテル・バンコク」が左に見えたらまもなくタークシン橋下のサートン船着場
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0142_6.jpg

↓無料ボート内
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0143_4.jpg

サートン船着場に着くと,これからアイコン・サイアムに向かおうとする人たちで混雑していた。やはり便利な無料ボートに人は集まる。少し歩き,BTSサートン・タクシーン駅からBTSナーナーに戻ることにした。いつも通りの車両まるごとラッピングのBTS車両が入ってきた。ホームの下にはたくさんのソンテウ(旅客用小型トラック)が停車していた。チャオプラヤ川と並行する内側(東側)の道路を走るようだ。乗り合いバスが走っていないので,ソンテウがこの周辺ではバス代わりとなっている。

↓混雑するサートン船着場
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0145_3.jpg

↓ここからBTS乗り場へ
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0146_6.jpg

↓BTSサパーン・タクシン駅のホームは眺めがよい
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0149_7.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0148_5.jpg

↓ホームの下には客を待つたくさんのソンテウ
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0147_5.jpg

↓いつものように車両丸ごとラッピングのBTS
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_0152_4.jpg

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)


            
関連記事
            
                                  
        

市電28番に乗車してカモンイス広場へ~リスボン29

category - ポルトガル
2023/ 08/ 25
                 
リスボンには12E,15E,18E,24E,25E,28Eという6路線の市電(トラム)が走っている。その中でも,市街地の東西を結ぶ市電28番は,観光名所や起伏のある場所を通るので,人気のある路線だ。この市電28番に乗車したのはアウグスタ通りとコンセイサホン通りの交差点付近だ。乗り場付近で待っていると,ものの2~3分で,年季の入った1両の電車が西からやってきた。ヨーロッパのトラムは歴史が古く,車社会になっても,中都市以上ではごく普通に走っていることが多い。老朽化した車両は近代的な車両に逐次置き換えられ,市民の足として,また観光の柱として交通の要となっている。しかし,リスボンのトラムはまだ古い車両が多いので,レトロ感が漂い,観光ではとくに注目され,利用されている(リスボンのトラムは大沢たかお・中谷美紀主演の映画「7月24日通りのクリスマス」(2006年公開)で頻繁に登場する)。【2023/8/25(金) 午前 5:01】
   
↓コンセイサホン通り
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4854.jpg

↓市電28番がやってきた
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4859.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4861.jpg

リスボンは坂が多くうえに,さらに曲がりくねった道が多いので,電車は頻繁に左右に揺れ,立っている時は吊革につかまっていないと危ないこともある。しかし,車がづぐ横を走り,場所によっては壁すれすれに駆け抜ける電車はスリル満点で車窓はとても面白い。テージョ川の岸に近いアウグスタ通りとコンセイサホン通りの交差点から,乗車してものの数分ほどで,少し高台にあたるカモンイス広場前に着いた。

↓運転台のすぐ後ろから前方
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4862.jpg

↓徐々に上り坂になる
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4863.jpg

↓前方風景
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4863_1.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4863_2.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4863_3.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4863_4.jpg

https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4863_5.jpg

↓車内は混んでいる
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4867.jpg

↓停留所
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4871.jpg

↓カモンイス広場(Pr.de Luisde Camoes)に入ってきた
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4873.jpg

↓カモンイス広場
https://blog-imgs-150.fc2.com/y/u/k/yukky787/IMG_4875.jpg

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)


            
関連記事
            
                                  
        

「石炭の歴史村」を訪ねて・前編(2018年リニューアル前)~道央32

category - 道央
2023/ 08/ 21
                 
夕張市はかつて石狩炭田の有力炭鉱として繁栄したので,その歴史を残そうと「石炭の歴史村」という博物館がある。2018年にリニューアルされたが,その4年前に訪ねてみた。今では観光客が,団体・個人ともに少ない街なので,夏の観光シーズンでも混むことはけっしてない。「石炭の歴史村」にある,模擬坑道を見学して,その後採炭の歴史を展示している石炭博物館が見学できるようになっている。【2023/8/21(月) 午前 5:00】
   
↓「石炭の歴史村」
https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0534_20230417202616694.jpg

↓石炭博物館
https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0531.jpg

↓地下の坑道に下りるエレベーター
https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0489.jpg

坑道といっても本物ではなく,観光用に作った模擬坑道なので,エレベーターの脇の説明には地下1000mまで行く,と書かれているが,実際は地下20~30mにある横穴を歩いて見学するようになっている(最後に地上まで階段を上ることから推測)。見学にはヘルメットの着用義務があるが,自由見学で,坑道には博物館関係者はいない。地下空間なので,やや危険はあるのだが。訪れたときには他に観光客は誰もいなくて,坑内員の蝋人形がやたら多いので,照明がもっと暗かったらけっこう不気味な空間にちがいない。展示は明治時代以降の採炭の変遷が見てわかるので,なかなか興味深く,そこそこ楽しめるのは有難い。採炭用の機器も展示されていて,全国的にも珍しい博物館である。

↓坑道案内図
https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0490.jpg

↓明治・大正期の採炭
https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0492.jpg

↓採炭の様子
https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0496_20230417202622470.jpg

https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0497.jpg

https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0498.jpg

https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0500.jpg

https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0502.jpg

↓矢印に沿って模擬坑道を歩いていく
https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0503_2023041720262984b.jpg

↓戦後の採炭の様子
https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0504.jpg

↓炭鉱夫気分?
https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0505.jpg

↓坑道らしくなってきた
https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0508.jpg

↓「上添坑道」の説明書き
https://blog-imgs-161.fc2.com/y/u/k/yukky787/DSC_0510_1.jpg

ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)


            
関連記事