憧れのラッフルズ・ホテル~シンガポール5 - Yukky's ワールドウォッチング
FC2ブログ

Post

        

憧れのラッフルズ・ホテル~シンガポール5

category - シンガポール
2013/ 09/ 08
                 
シンガポールでいちばん有名な場所はマー・ライオン像のある場所かもしれないが,宿泊なら,どんな有名なホテルが進出してこようとも絶対にラッフルズ・ホテルだろう。あの有名なカクテル「シンガポール・スリング」発祥のホテルでもある。【2013/9/8(日) 午後 3:20】

↓シンガポールでも小さな部類のホテルだが,全室スイーツである
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/96/55810796/img_0


表玄関の路上ではインド系ベル・ボーイが必ずタクシーのドアの開け閉めを行っている。この姿はあまりにも有名である。1887年に建てられたコロニアル調のシックな佇まいは多くの著名人に愛された。

↓ベルボーイは代々インド系の人の仕事
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/96/55810796/img_1


本館ロビーとレストランまでは,宿泊者以外でも何とか入れるが,チェックは厳しく,おいそれと部屋の方へは行くことができない。雰囲気を味わうには,ラッフルズ・ホテルのアーケード街の方に中庭があるので,そこのカフェでゆったり過ごすのがいいかもしれない。

↓ホテルの入口のチェックも甘くはない
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/96/55810796/img_2


↓ラッフルズ・ホテル・アーケードの中庭のカフェもおすすめ
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1621580/96/55810796/img_3


関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
確かにインド人ベルボーイは見るからに頼もしい存在です。宿泊はせずにハイティーだけでも大丈夫です。一度は泊まってみたいですね,と思いつつしばらくシンガポールに行く機会はなさそうです。