市内巡りにもっとも便利なKLモノレール1~クアラルンプール16 - Yukky's ワールドウォッチング
FC2ブログ

Post

        

市内巡りにもっとも便利なKLモノレール1~クアラルンプール16

category - マレーシア
2009/ 09/ 24
                 
モノレールが都市交通の中心という都市は世界でもあまりないだろうが,クアラルンプールではKLモノレールいう,たった一路線のモノレールが繁華街のブキッビンタンやKLCCを通り,通勤・通学,観光などあらゆる面で使われている。KLモノレールの南の起点は,KLセントラル駅のLEVEL1から地上にエスカレーターで下り,200mほど東に歩いたところにある。KLセントラル駅を出て,小さなマーケットを抜け,交通量のわりとある道路を渡ったところが起点駅である。モノレールは2両編成の固定で,増結されたりすることはない。まるで遊園地にあるようなちょっとPOPなデザインでちょっとヴィヴィッドな色彩の車輌である。たいへんローカルな話だが,10年くらい前まで,神奈川県川崎市多摩区にあった向ヶ丘遊園という遊園地まで,小田急線向ヶ丘遊園駅から走っていた2両編成のモノレールを思い出す。全長1kmほどの距離を往復するだけだったが,れっきとした鉄道扱いで,冷暖房設備はついていなかった。窓が開かないので,暑い夏には駅を出てから終点に着くまでの約3分間は汗でビッショリになったことを覚えている。それに対してKLモノレールは冷房が万全だし,乗り心地満点で,快適この上ない乗り物となっている。【2009/9/24(木) 午後 9:58】

↓KLセントラル駅
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/57/50990957/img_0


↓KLセントラル駅改札
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/57/50990957/img_1


↓KLセントラル駅切符売場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/57/50990957/img_2


↓ヴィヴィッドな色のモノレール
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/57/50990957/img_3


当然地面から高いレールの上をまたいで走るので,窓からの景色はよい。遠くにKLタワーを見ながら,車窓を楽しめる。駅をたくさん作って便利にしようという発想で作ったので,やたらと曲がりくねったコースを走るモノレールで,進行方向が東西南北あちこちと変わっていく。15分ほどの乗車でようやく,クアラルンプール随一の繁華街,ブキッビンタンに着く。KLモノレールの駅設備は機械化が遅れているのか切符の自販機がないので,窓口で行き先を告げて切符を買うことになる。一路線だけのモノレールなので,きわめて簡単な運賃体系になっている。車内は冷房ガンガンで,暑いホームで待っていた後の乗車では,みるみる汗の引いていくのがわかる。

↓モノレールの車内から見えるKLタワー
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/57/50990957/img_4


↓ブキッビンタン駅の改札
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/57/50990957/img_5


↓ブキッビンタン駅の切符売場
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/57/50990957/img_6


↓ビキッビンタン駅のホーム
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1603319/57/50990957/img_7


尚,KLモノレールは全線乗っても,2.5リンギッほどで,クアラルンプールの公共機関は全体的に安い。タクシーもしかりである。車も左側通行だが,モノレールなど公共交通機関もすべて左側通行である。旧宗主国がイギリスだから納得できる。交通機関に乗っても,日本人にとっては違和感のない都市ではないだろうか。隣のタイも同様である。

https://travel.blogmura.com/img/travel80_15_lightblue_2.gif

にほんブログ村 旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www80_15.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント