コスト削減キャリア~JALウェイズ - Yukky's ワールドウォッチング
FC2ブログ

Post

        

コスト削減キャリア~JALウェイズ

category - エア&エアポート
2008/ 07/ 06
                 
このキャリアは,JALの子会社でグアム・ホノルル・バンコク・ホーチミン路線などに就航している。コストを削減するために機内掃除も乗務員がしたり,フライトアテンダントにタイ人やフィリピン人を多数使ったり(日本人もいる),の徹底ぶりだが,アジアで増えているLCC(ローコストキャリア)ではない。機材によってはJALと書いてあるので,JAL便とは表向き変わらない。タイ人のフライトアテンダントはきれいな人が多く,難解な日本語は理解できないようだが,サービスや言葉遣いもよいので,近年の日本人アテンダントよりはましかもしれない。日本人アテンダントは器量はもちろんのこと,サービス面でも低下が続いている。機材はだいぶん新しくはなったが,少し前までは,初期のころ(1970年代)のジャンボ機を使っていて,日系キャリアでもっとも古い機材を使っていた。今度落ちるなら,JALウェイズだと思っていたが,落ちないうちに,機材が新しくなったようだ。機材が新しいからといって落ちないわけでないが,それでもまだボーイング747-400を使っているようではけっして新しい機材とはいえない。
機内の内装はきれいにしてあるが,パーソナルテレビもなく,サービス面はいまいちだ。経費削減がここでも露骨に表れている。LCCでも,アメリカのジェットブルーのように,パーソナルテレビがついていて,JALウェイズよりマシなキャリアは少なくない。食事に関してはわりあいあっさりしたものを提供し,けっして悪くはない。評価すべきは食事だけの悲しいキャリアだ。JALウェイズ特製ワインは,混ざりものなのか悪酔いしやすいので,飲む場合は注意したい。ビールは各メーカー1種類なので,ビール名ではなく,メーカー名で指名した方が話が早い。キリンのビールが飲みたければ「キリン」といえばいい。ただし銘柄の指定はできず,たいがい『一番絞り』が出てくる。ビールが無料なだけいいかもしれない。アメリカのキャリアの多くはアルコール類は有料になってきていて,機内の楽しみも半減している。やはり,国際線に乗る魅力は,サーチャージなしの特典航空券で,無料のアルコールを飲むことに尽きる。
あまり乗りたくないキャリアだが,もともとが安いのか,ツアーでは,JALウェイズの飛んでいる路線ではきまってJALウェイズに決るようだ。まったく嬉しくない話だ。【2008/7/6(日) 午前 8:23】

なんとなく年季の入った機体
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/71/43939471/img_0


圧迫感のある2階席
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/501872/71/43939471/img_1


関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
飛行機の2階席なんて乗ったことないです。圧迫感があるならあまり快適ではないのかな?
飛行機でのサービス、本当に航空会社によってマチマチですね。
同じ会社でも行きと帰りではパーソナルテレビがあったりなかったり。(^O^)
No title
昨年登場したエアバス社のA380(総2階建)は2階でも圧迫感はなさそうです。あと10年もすればジャンボ機も消えるでしょう。