南山に登ろう1~ソウル80 - Yukky's ワールドウォッチング
FC2ブログ

Post

        

南山に登ろう1~ソウル80

category - ソウル
2007/ 08/ 06
                 
南山(ナムサン)はソウルのどこからでも見える山である。以前は軍事上の制約から,写真を撮ることさえ禁じられていたが,今は何の制約もない。この山に登ろうと思えば,車もあるが,観光客ならケーブルカーを使うのが一般的である。韓国ではロープウェイのことを「ケーブルカー」という。よって南山に上るときは,どこから見てもロープウェイだが,ケーブルカーで上るというのだそうだ。ロープウェイの麓の駅は,地下鉄4号線明洞駅を降り,南側の上り坂を10分ほど上ったところにある。10分とはいえ,暑いさなかの坂道はちょっと堪える。周辺はまったくの住宅街で,店が数軒あるだけの何の変哲もない通りである。歩いて登っている人も多い。さすがにバスはないようで,せいぜいタクシーで山麓駅まではたどり着かなければならない。【2007/8/6(月)午後9:55】

↓明洞から南山ケーブルカー駅までの道のり
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/89/35681589/img_0


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/89/35681589/img_1


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/89/35681589/img_2


ようやく山麓駅に着いた。駅舎には焼肉屋が入っているが,日本語で「ガルビ」になっているが,本当にカルビを出してくれるのだろうか?ガルビというものが存在するのだろうか?

↓山麓駅に到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/89/35681589/img_3


ケーブルカーの乗車時間は3分ほどで高低差も200mほどしかない規模の小さなケーブルカーだ。チケットは往復で買った。人が少ないときには,ある程度人がたまらないと運転しないようで,不定期運行のたいへんアバウトな乗り物である。朝もや(ガス)がかかっていて眺望はよくないが,徐々に視界が開けていくのがわかる。

↓往復チケットをゲット
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/89/35681589/img_4


↓ケーブルカーからの眺め
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/89/35681589/img_5


山頂の駅を降りるとまたもや石段があり,それをせっせと上っていくのみである(写真7番目)。途中に飲食店が2~3軒並んでいるが,日本人向けの看板が出ている。「海のものあ好み焼き」とは何ぞや(写真8番目)?それを横目で見ながらようやく山頂らしいところに到着する。

↓山頂駅すると階段
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/89/35681589/img_6


↓よくある変な日本語表記
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/411959/89/35681589/img_7


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
懐かしい場所です。トラバしておきます。歩いていくとこんな感じなんだな~と、良くわかりました。私達はお義母さんと一緒だったので、タクシーで乗り場まで行ったので。
No title
昨年行ったところだから、見覚えのある風景が懐かしいです。ワタシもケーブルカーの前後は歩いて登りました。ハァハァ。
No title
>mihiさん トラバ有難うございます。夏は歩くと一汗かきますよ。実は帰りは,ふもとの駅舎からタクシーで仁寺洞で移動してしまったので,この道を往復はしていません。
No title
>はるはるさん 前後とも歩くなんてすごい体力ですね。山頂からの絶景に疲れも吹っ飛べばいいですね。こに日はガスでした。
No title
野菜炒めご飯の下の「ク」も気になります!(*≧m≦*)ププッ
ロープーウエイの眼下に腕立て伏せしているおっさんいませんでしたか!!!
No title
あまりに短すぎて気づきませんでした。「ク」って何でしょう?さすがに気温が高くて腕立て伏せは止めてしまったと思われます。