台北の若者タウン・西門町1~台北63 - Yukky's ワールドウォッチング
FC2ブログ

Post

        

台北の若者タウン・西門町1~台北63

category - 台北
2007/ 03/ 23
                 
西門は「シーメン」と呼ぶ。「サイモン」でも「ニシモン」でもない。台北で一番若者が集まる街である。日本でいうと原宿と新宿と池袋を足して3で割ったようなところ。何があるかは想像がつくだろうが,アパレルショップ(高級品はない),シネマ,CDショップ,ファーストフードなど何でもある。その一角にタトゥー専門の狭い通りがあり,そこを通過するときは昼間なのに妙な気分になった。インスタントタトゥーとでも呼ぶのか,若い女性があちこちの店でワンポイントのタトゥーを入れてもらっていた。さすがに写真を撮るのはまずいか,と台湾で唯一考えた場所であるが,1週間くらいで消えるインスタントタトゥーは士林夜市にもよくあり,別段問題はなさそうである(しかし写真はない)。【2007/3/23(金) 午後 8:48】

↓MRT西門駅前
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/30509208/img_0

↓バイクは多い
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/30509208/img_1

↓「紅楼劇場」
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/30509208/img_2

午前10時を過ぎないと店が開かないので,それ以前は人もまばらな街であるが,午後から人出も増え,夕方からは最高潮に達する。MRT西門駅を降りると,いきなりバイクの大群と出会うのは台北の宿命である。次に目に入るのが「紅楼劇場」である。八角形をした2階建ての洋風建築で,日本統治時代の1908年に建てられたので,もう1世紀が経とうとする歴史のある建築物である。台湾ではこのような日本統治時代の建物は保存され利用されている。ここも歌劇や伝統劇,コメディなどあらゆるショーに利用されている。それを横目にしながらメイン通りに入っていく。普段はもっと人が多いのだが,何しろ午前10時をまわったばかりなので人はまばらである。お決まりのカラオケ屋やわけのわからない看板をたくさん目にするので面白い。

↓メイン通り
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/30509208/img_3

↓カラオケ屋
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/30509208/img_4

↓わけのわからない看板
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/08/30509208/img_5

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
台湾・・・一度も行った事ないのでいってみたいです。大陸からいくのは・・・ややこしいか。
No title
香港からキャセイパシフィックで1時間です。今は中国からの観光客もたくさん来ているので,とくに問題はありませんよ。