九份日帰りトリップ・映画になった町~新北5 - Yukky's ワールドウォッチング
FC2ブログ

Post

        

九份日帰りトリップ・映画になった町~新北5

category - 新北
2007/ 01/ 13
                 
侯孝賢(ホ・シャオシェン)監督,梁朝偉 (トニー・レオン)などが出演した映画『悲情城市』が作られたのは,1989年である。この映画は日本統治時代後の1945~1949年までの中国大陸から移住してきた外省人と内省人の緊張を描いている。1989年当時,この九ふんの街はすでに斜陽であったが,まだ映画館などは営業していた。その映画館も今は閉館してしまい,建物だけは残されている(現在は整備され映画の上映も行われている)。「昇平戯院」という映画館で1986年まで営業していたということだ。『恋恋風塵』という侯孝賢監督作品の看板が今も掲げられているが,内部は崩壊している(写真2~3番目)。この映画で使われた店『悲情城市』は今も営業している(写真4番目)。調度品は日本統治時代のものを使い,2階のレストランは台湾家庭料理が評判である(写真5番目)。基山街と豎崎路の交差点から石段を少し下ったところにある。まさに絵になる風景で,このレトロな構図は台湾キャンペーンやお茶のCMなどにも使われている。日本人を始め,映画を見た人もたくさん訪れている。【2007/1/13(土) 午後 1:37】

↓当時の映画館跡
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/63/27111063/img_0

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/63/27111063/img_1

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/63/27111063/img_2

↓『悲情城市』という店
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/63/27111063/img_3

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/896810/63/27111063/img_4

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
これは情緒ある観光地ですねー♬ジャッキーチェンが飛び出してきそう゚+.ヾ(´∀`*)ノ
No title
CMなどではよく金城武が出ていますね。半日の滞在でしたが,今年また台湾に行ったら訪ねてみるつもりです。
No title
味わい深いですねぇ~~湯ばあばがでてきそうなかんじです。わたしは探険したいです!
No title
日本人にとっても懐かしい思いにさせてくれる場所なので,日本人には大人気で,ツアーのコースには必ずといって組み込まれています。
No title
ここの奥でお茶を2時間してました。他にお客も来ませんでした。すっごい居心地よいです。
No title
2時間もお茶すると心も和み,体によさそうですね。中に入る時間がなくて,居心地具合がわかりませんでした。今度(来年)また九ふんには行くつもりです。この奥の金爪石も一緒にまわりたいと思っています。
No title
トラバありがとうございます。私が訪ねたときは,曇りのち豪雨でした。