ベルゲン鉄道の車窓から4~ノルウェー7 - Yukky's ワールドウォッチング
FC2ブログ

Post

        

ベルゲン鉄道の車窓から4~ノルウェー7

category - ノルウェー
2016/ 09/ 21
                 

イメージ 3

フィンセ駅は標高1222m,ノルウェー国鉄で最も高いところにある駅である。駅舎のまわりには,ホテル(駅に隣接),民宿,山小屋など何軒かの木造の建物がちらほら見える。ちょっと離れた場所で親子と思しき大人と子どもが自転車に乗っている。軽装なので近所の人だろうか。右手奥には,ノルウェー第6位の面積(78平方km)を誇るハルダンゲルヨクレン氷河の雄大な姿が見て取れる。最も高いところは標高1840mで,夏はハイキング,秋から冬を経て春にかけてはスキーがさかんらしい。【2016/9/21(水) 午後 9:55】

↓フィンセ駅到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_0


↓すぐ目の前が湖
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_1


↓住居は数軒
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_1


↓フィンセ駅発車後の車窓
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_3


フィンセを出ると,線路は少しずつ下り始める。峠を越えたようだ。車窓から残雪が減ってきたように思えるのは気のせいか。進行方向左側は,ごろごろした岩がありながらも,緑に覆われた地面の割合が増え,景色に穏やかさが戻ってきた。やがて,ハウガストル駅到着。牧場や山荘が多く,南部(進行方向右手)のハルダンゲルヴィッタ高原は国立公園に指定され(北欧最大7500平方km),アウトドアのさかんな地域である。ウスタオーセ駅,ヤイロ駅と通り過ぎていく。スキー場などウィンタースポーツもさかんなエリアで,それなりの施設が整っており。オスロからも日帰り圏だが,北欧の人が日帰りでこの辺りに来ているとは思えない。のんびりゆったりがコンセプトだろうから。左側は湖の反射がよく,向こう岸の景色が湖面に映り,上下が対称になっている。やがて,ホームが広く,今までの駅よりも周辺の家屋が多いAlに到着(14:00)。

↓フィンセ・AI間の車窓
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_4


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_5


↓望遠レンズで撮るとサイクリングする人の姿も
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_6


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_7


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_8


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_9


↓岩だけの山に緑が増えてきた
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_10


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_11


↓湖が見事に鏡になっている
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_12


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_13


Alは人口約4800人,この地方では最大の都市だ。しかし,ホームにTaxiやBusの矢印があるものの,その方向を見るが,どちらも一台たりとも見当たらない。電話で呼び出しでもしなければやってこないかも。反対側のホームに3両編成の普通列車が停まっていたが,12:00に着いたミュールダールからの普通列車で,14:39発でヴォスへ行くらしい。7月中旬~8月中旬の季節列車で,それ以降9月末までは週末のみの運転となる(NSB時刻表より)。Alを出ても,山と湖の景色が続く。ゴル到着(14:23)。列車を降りてすぐ横に停まっているバスに乗り込む男の人がいた。街の中は人影はほとんどなく,自転車に乗る人が2人いただけだ。この街は人口約4400人。この沿線は日本でいえば,村ほどの人口の集落が続く。

↓AI到着
https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_14


https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1691253/15/57649115/img_15


ランキング参加中!よろしかったら下記をクリックください!(どちらでも)

https://travel.blogmura.com/kaigai/img/kaigai88_31.gif

にほんブログ村 海外旅行ブログへ(文字をクリック)

https://www.blogmura.com/img/www88_31.gif

にほんブログ村(文字をクリック)
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント