懐かしさを体験できる「台湾故事館」~台北1 - Yukky's ワールドウォッチング
FC2ブログ

Post

        

懐かしさを体験できる「台湾故事館」~台北1

category - 台北
2006/ 06/ 06
                 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

台北駅のすぐそば(新光三越ビルの隣のビル)に「台湾故事館」が最近オープンした(写真1番目はエントランス・・・お世辞にもかわいいとはいえないキャラクターが出迎えてくれる)。パスポートを見せれば,入場料が100元(通常120元)で,しかもそのうち80元分は館内の飲食店で使用できるので,80元を使い切れば,20元で入館できることになる。しかし分割では使えず,1店1回のみの使用なので,有効に使おう。

ここは1960年代の台湾の街を再現したテーマパークで,日本と雰囲気が重なることが多く,懐かしさを覚える。今の20代の人には無理だが,40代になれば,古き良き時代の懐かしさを強く感じる場所だろう。旅館・床屋・歯医者など実際にドアを開けて入れる部分も多く,学校の教室などは日本とそっくりで,当時の教科書なども展示されていた。東京・池袋のナンジャタウンの台湾版といったところ(写真2番目~5番目は館内の様子・・・ビルの地下2Fにあり,全体に雰囲気を出すため薄暗い)。天気が悪いのでもう少し人が来てもいいと思ったが,平日の昼間なので,それは無理だとわかった。一度は行っても面白いが,二度行きたいかというと,?というところだった。冷房が効きすぎていて(台湾では外気温が25度くらいでも屋内の冷房はかなりきつい),かき氷(写真6番目・・・台湾のかき氷はサービス満点,これで70元)は身体にこたえ,頭痛がしばらく続いた!【2006/6/6(火)午後9:27】

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
うわーなつかしい雰囲気いっぱいですねぇ。あんまり覚えてないけど・・・うふふ。台湾のカキ氷、あのツブツブは何だろう?
No title
こんな所が出来たんですね、今年のオープンですか?入り口の様子から見ると環亜デパートだった所がコレに変わったみたいですね。デパートはなくなっちゃったのかな?
No title
ツブツブはタピオカかと思います。すごくモチモチしていてお腹にたまります。これ見た目よりも量が多く,ラーメン1杯分ほどのお腹のふくれ具合になりました。
No title
場所は台北駅の目の前です。外からいきなり地下2Fに降りていくと入口です。デパートらしきものは,隣の新光三越以外には見当たりませんでした。