バリ・ヒンドゥ教の総本山~バリ島49 - Yukky's ワールドウォッチング
FC2ブログ

Post

        

バリ・ヒンドゥ教の総本山~バリ島49

category - バリ島(インドネシア)
2016/ 05/ 07
                 
アグン山の中腹にあるブサキ寺院は,バリ・ヒンドゥ教の総本山だ。ウブドからでさえ車で1時間半ほどかかる(クタ・サヌールなど南部からだと2時間半)。ブサキ寺院は30もの寺院からなる複合寺院で,総本山だけあって参拝者は絶えることはなく,常にオダランがどこかの寺院で行われている。入口を入って最初にある石段の上には,チャンディ・ブンタル門があり,その先にプナタラン・アグン寺院がある。参拝を終えた人々が石段を次から次と降りてくる。石段の上からの眺めはすこぶる良い。境内にはメル(塔)が立ち並び,不思議な光景を作っている。プナタラン・アグン寺院を囲むように石畳の道があり,1周できるようになっている。天気が良ければ後方にアグン山を眺望できるのだが,生憎小雨で煙っていたので無理だった(下界は晴れていたのに,山の天気は変わりやすい)。バリ島観光では,車をチャーターして1日かけてバトゥール山と併せて行くことが多いブサキ寺院は,バリ島東部内陸の一大観光スポットである。【2016/5/7(土) 午後 10:03】

↓駐車場からブサキ寺院に向かう参拝者
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_0


↓奥に見えてきたブサキ寺院
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_1


↓プナタラン・アグン寺院への石段
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_2


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_3


↓参拝を終えて下りてきた人々
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_4


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_5


↓石段の上からの眺めは最高
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_6


↓プナタラン・アグン寺院の境内にはたくさんのメル(仏塔)
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_7


↓供え物を捧げる参拝者
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_8


↓プナタラン・アグン寺院の風景
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_9


↓外国人は白人が多い
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_10


↓プナタラン・アグン寺院は外を一周できる
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_11


↓オダラン
https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_12


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_13


https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a4-fe/laxjfk2002/folder/1608256/10/57466710/img_14


関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント